okayan's diary

season4 TOKYOに引っ越しました・・・

Sort byOlympus PEN E-P3

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Olympus PEN E-P3  

表参道。雨の午後。

s-MEP3B0978.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 , PANASONIC G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH.


実は雨の日に外でスナップを撮るのが好きだ。



s-MEP3B0981.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 , PANASONIC G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH.


機材と傘と、、結構大変なんだけれど、、
理由はよく自分でもわからにけど、でも好きだ。



Ss-MEP3B0989
OLYMPUS PEN E-P3 , PANASONIC G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH.


だから撮る。





スポンサーサイト
Category: Olympus PEN E-P3  

日曜日の女神・・・Messiah on sunday evening.




日曜日の晩の芝浦。
サラリーマンをメインターゲットに据えたこの街の飲食店はほとんどが定休日

ひとりではこの街を抜け出して、どこか他の街まで食べに行く気も起こらず。
だからといってお腹は空くことには変わりなく。

晩ごはんを食べるのに絶望的な気持ちになる。。。

平日と違って、取引先や職場のスタッフを誘うわけにもいかず・・・
そこへ有難い申し出が。

名古屋の友人が長期出張で東京に来ていて、品川や田町なら帰り道だから晩ごはん食べてもいいよと。
有難きシアワセ・・・


s-EP3B0564.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 , PANASONIC G 20mm F1.7 ASPH.


晩ごはんを食べて、その後に入ったBAR
それも日本酒の古酒専門の。

2つのワイングラスに注がれているのは、ワインではなく日本酒。
それも同じ銘柄のもの。


ひとつは2013年、もうひとつは1975年、38年前の古酒。
日本酒も熟成させると赤ワインのような色になる。

どうしてこのような鮮やかな赤になるかは原理を尋ねて教えてもらったのだけれど
うまく理解できなかった。
でも酸化反応や、ウイスキーのように樽に入れるわけではないのでそういうこととも違うらしい。。


それはともかく・・・
日曜日の夜のメシトモ。
大変不足しております。
皆様ご協力よろしくお願いいたします。。。



Category: Olympus PEN E-P3  

【 a Stormy-Rainy night. 】

s-E3203943.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 , PANASONIC LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.







Category: Olympus PEN E-P3  

夜のレインボーブリッジ

s-monoEP3B0467.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 , PANASONIC G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH.


所用でお台場まで。
帰りはレインボーブリッジを渡って歩いて対岸の芝浦の家まで帰ることにした。

レインボーブリッジは歩いて渡れるのだ。
3月までは10:00-18:00までしか開場していないのだけど、4月になったので夜21:00まで遊歩道が開放されるようになったから出来ることでもある。

夜のレインボーブリッジ。
ノースルートで歩けば(間違ってもサウスルートに行ってはいけない)東京スカイツリーや東京タワー、そして東京のビル群の摩天楼が、海越しにパノラマで広がる。

まさに絶景。
でもほとんど歩いて渡る人は無く(歩いて渡るだけで30分以上かかるから当然かも)、こんな素敵な夜景なのに・・・
勿体無いことこのうえなく。




Category: Olympus PEN E-P3  

もしも・・・

s-mEP3B0322.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 , PANASONIC G 20mm F1.7 ASPH.


「来週・・・東京を去るのです。」

と、そのひとは言った。


ターミナル駅のひとつとなり街。雑踏を少し逃れたこじんまりとした店のBARカウンター。



「さっき、この駅に来たときに東京タワーを初めて見ました。」

もう半年くらい東京に住んでいたはずなのに、、ほとんどどこにも出かけずにいたらしい。

ボクだって東京に来てまだ1年にも満たないけれど、
もしも、あと1ヶ月でも早くそういうことをしっていたなら、あちこち案内してあげられたのに。

なにせ昨夜初めて会ったのだ。


「また東京に来ます。」

別れ際、そう言って改札の向こうへ消えていった。



初対面とさっき書いたけれど、よく考えたら四半世紀前、たぶんボクたちは大学のキャンパスで、お互いを見ているはずなのだ。

1ヶ月どころか、そのときに出会っていたら、どうなったのだろうか・・・

帰り道、頭上には街灯りにほんのり照らされている満開のさくらが微かな風に揺れていた。


いまさら考えても無意味なことが頭の中をぐるぐる回っていた春の夜。







1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。