okayan's diary

season4 TOKYOに引っ越しました・・・

Sort byNikon D700

Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: Nikon D700  

【嵐のあと・・・】

s-894757_602613753100021_859412449_o.jpg
Nikon D700 , Ai AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D


今年の桜の写真は、、名残惜しいけれどこれで御終い。

ちょっと性急だけど、、しばらく日本を離れてしまうので仕方なし。。


また来年。





スポンサーサイト
Category: Nikon D700  

夕桜・・・

s-s-700_7020.jpg
Nikon D700 , Ai AF Micro-Nikkor 105mm F2.8D

夜桜というのはよく聞く言葉だけれど、、
夕桜とはあまり言わない気がする。
でも、季語辞典見てたら春の季語としてちゃんと載っていた。

夕日に映えるさくらというのもなかなか。






Category: Nikon D700  

桜の精

s-M700_2404.jpg
Nikon D700 , AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED


 室町時代に作られた世阿弥作の能楽作品で『西行桜』という物語がある。

------------------------------------------------------
京都嵯峨野の奥の西山に隠棲する西行法師の庵室。
春になると、美しい桜が咲き、多くの人々が花見に訪れる。しかし、ある年、西行は思うところがあって、花見を禁止した。

一人で桜を愛でていると、例年通り多くの人々がやってきた。桜を愛でていた西行は、遥々やってきた人を追い返す訳にもいかず、招き入れた。


西行は、「花見んと 群れつつ人の来るのみぞ あたら桜の 咎にはありける」と歌を詠む。
「美しさゆえに人をひきつけるのが桜の罪なところだ」と。

西行法師は見物人を追い返すことも出来ず、人々とともに夜すがら桜を眺め明かそうと木陰でまどろんでいると、その夢に桜の精が現れ、「桜の咎とはなんだ」と聞く。

「桜はただ咲くだけのもので、咎などあるわけがない。」と言い、「煩わしいと思うのも人の心だ」と西行を諭す。

桜の精は、桜の名所を西行に教え、舞を舞う。
そうこうしているうちに、夜が明けていき、西行の夢が覚め、桜の精も消え、、
そこには、ただ桜がひっそりと息づいているだけであった。

-----------------------------------------------------



夜の桜にはなんだか妖しい雰囲気がある。
ボクは桜の精はきっと樹の下に居る。そう確信している。


ところでこの能楽に出てくる西行法師。よほど桜に執心していたと見え、桜の歌が230首あるという。
植物では次の松が34首、第3位の梅が25首というのだから、桜への傾倒は断然。

ボクもさくら好きを自認しているけれど、、
「ねがはくは花の下にて春死なんその如月の望月のころ」などと歌に詠むほどだろうかと思えば、まだ症状は軽いのかもしれない。。

Category: Nikon D700  

春の宵。不審者じゃないの・・・

s-700_2517.jpg
Nikon D700 , AF-S Nikkor 24-70mm F2.8 G ED

誰も居ない真夜中の公園。
シャッタースピードを1分とか長時間露光すると、、
夜でもない昼でもない不思議な写真ができあがる。

月の光で撮る月光寫眞。

実際は足元もろくに見えない真っ暗な中、独りでいると、桜の化身でも出てきそうで本当に怖いし、、たまに官憲から職務質問を受けたりすることも。

警察官も、撮った写真をカメラ背面の液晶ディスプレイで見せれば「おお!良いねえ。」とか言いながら納得してくれるけど。
フィルムカメラで撮っていたころは、そんな芸当も出来ず、説明大変だったなぁ(遠い目

不審者じゃないんだーって叫びたいところだけど、やっぱり誰が見ても不審者だわね(笑
Category: Nikon D700  

妖艶

s-sq700_2406.jpg
Nikon D700 , AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED


日没後。

肉眼では星も出てきて、ほぼ暗闇だけれど、、
実際には微かに夕暮れの名残が残る時間。

ところどころピンクを纏った真っ白な夜のしだれ桜は、、
誰もいない公園で、ひっそりと、、妖艶な姿を見せていた。






1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> < 10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。